自信を持つためのとっておきの方法

#自信を持つ #自信をつけるつく方法イメージ画
自信が簡単に身につくおすすめ動画のご紹介

皆様の人生をよりよくするための、今日のテーマは自信を持つ方法です。とても簡単で自信を持つ方法があれば知りたいと思いませんか?
自信を持つ方法を学んであなたの人生を

あなたがこの記事を読んでいるのは最近自信喪失したことがあったからか、以前から自信がないことを多少なりとも悩んでいて検索してたどり着いた、或いは・・ありがとうございます・・こちらのサイトが更新されたときに来て下さる方なのでしょう。
皆様に感謝!!安心してください。自信がないと感じることはほぼ誰もが経験することです。むしろどんな状況でも、どこに行っても自信満々な方はまれでしょう。
 PTAに初参加したり、職場や部署が変われば知らない事ばかりで、自信を失う機会がたっぷりあるわけで、知らないことをする時は大なり小なり失敗するのはまず避けられません。失敗の大きさにもよりますが、失敗のたびに自信を失っていたら、自信の器がからっからになるかもしれませんよ。でも、自信を完全に失うことがないのは、一時期だけのことだと無意識で気が付いているからでしょう。中でも有害なのは、あなたが心で言う自分に対するネガティブな言葉や思考です。
自信喪失するような失敗や人間関係の悩みがあった時に、自分を責める思考で自分を痛めつけ、パンチを食らわし、これでもかと自分に反省を促していませんか?
そうでもしないと、また失敗すると怖れているから?
それとも、学校の先生や両親が、「なぜ同じ失敗をまたするの!二度としないように気を付けなさい!!」と、そんな風にグサッ、ととどめを刺されていたから、心の中に住み着いた監視員が今でもあなたを痛めつけているのでしょうか。
さあ、まずは、「はぁ~~」とため息をついて下さい。ついでに胸の上に手を置いて、大丈夫だよってインナーチャイルドに声掛けしましょう。いつも書いていることですが、あなたはあなたの一番の応援団長でありチアガール。
今家でご覧になっているなら、すくっと立ち上がってブルブル体を震わせてリセットしましょう!不安や心配、ネガティブなパターンの多くは、あなたが自分自身に言う批判や評価です-それも苦い評価・・。それらの殆どは無意識なので、もしかしたら気づいてさえもいないかもしれません。
あなたの自分を叱責する言葉を捉えたら、自分自身に問いかけてみましょう。
それらは、「あなたの親友や大切な人に言える言葉がけですか?」
そうでないなら、その言葉はあなたをいじめて自信を失わせています
自分はなんて頭が悪いんだろう。私は魅力がない。そんなちょっとしたネガティブな言葉の積み重ねがあなたのエネルギー体と精神を蝕みます。しかし、自信を取り戻すことはできますので、今から日頃の心の癖を改善していきましょう!

自信を失う2つの原因

あなたの自尊心や自信に微妙に影響を与えているかもしれない自信喪失する2つの原因自信をもつための方法をご紹介します。

1.家族や親類、友人の批判的な言動
人との付き合いは、自信を持つために必要な自尊心に大きな影響を与えます。批判的な友人や家族がいると、自分自身の感覚が損なわれ、自分に自信を持つことをはばむ疑念や不信感が強まります。
家族や友人からの批判の影響は陰湿で、時には、味方から攻撃を受けっているような場合もあります。軽いジョークにしか聞こえないこともありますが、その傷は深く心に刺さります。身近な関係ゆえに時間が経つにつれ、自己の価値感を著しく損なってしまうのです。
自信をつける方法
自信をつけるためには毎日自尊心を高める積み重ねが大切です。そのためには健全な境界線を引きましょう。傷ついていることを相手に伝えることや言われたくないことは、言わないでほしいと一言伝えましょう。爆圧したりキレてしまう予防にもなります。

2.自己批判
自信喪失に影響する自己批判は非常に害が強くエネルギーの枯渇や分裂の原因となります。自己批判は一種の心の癖のようなものなので、自分の能力を型に押し込み、身動き取れなくしていく、言わば自己催眠術のようなもの。それを払拭するのは非常に困難です。
ヘマをしたときに聞こえる内側の声に気づいていますか?自分はダメな奴だとか、また間違ってなんてバカなんだろうとか、成功できないとか、そういう声です。それが自己批判の声であなたの自信を失わせる最も大きな原因なのです。
自信をつける方法
自己批判していることに気付いたら抑圧せず、思考を穏やかに止めるため深呼吸しましょう。

原因を改善するほかにどんなことができるでしょうか?後ほどご紹介する動画にもありますが、科学的に裏付けられた自信をつける3つの方法があります。
毎日出来ることから試してみましょう。

自信は人生を変えるイメージ画

3つの自信を高めるテクニック

1.姿勢を正し、パワーポーズをとる
サンフランシスコ州立大学が行った研究によると、姿勢は自分に自信があるかどうかに大きく影響するそうです。
うつむき背を丸めて小さくなるような姿勢は、不安や無力感を促進させます。逆に姿勢を正すと、息遣いが変わり、視界が開けることで、前向きでかつ有能で強いと感じます。家庭内や職場、通勤中、携帯を触るなど、うつむいていることって多いですよね。それがあなたの自信を少しずつ奪い取っているとなると怖いと思いませんか。今日からは、あごを少し上げ、肩を丸めるのをやめて、背骨をスッと伸ばしましょう。
この姿勢は、呼吸を変え体や脳への酸素の流れを良くします。そして、肝心の自信を持つこと-リラックスして自信を持つことができるようになってきます。
開放的でリラックスした姿勢をとると、他人からの見え方が変わるだけでなく、あなたの脳内の化学反応(ホルモン)が変化すると言われています。ホルモンが変わると、精神状態が変わるのです。両手を腰に当て肩幅くらいに足を開き立つ姿勢「パワーポーズ」をとると、コルチゾールが低下し、自信を高めるホルモンが増加します。
あなたが自分のことを心地よく思っていれば、他の人が受ける印象が変わり、あなたへの評価も変わります。
動画では、パワーポーズは短時間で非常に効果が高い研究結果が出ています。是非お試しくださいね。
2.アイコンタクトをとる-婚活でもこれとっても大切です!!
目を合わせれば合わせるほど、相手に与える影響が大きくなるという研究結果が出ています。アイコンタクトを避けることは、心を開いていない状態です。
私はシャイなので・・、と言われる方もやはりそれは心を開いていない一つの兆候です。良し悪しではなく、あなたが誤解される可能性があるので少し工夫をしてみてはどうでしょう?目を合わさないのは不誠実な態度の表れと受け取られかねません。相手の鼻先を見る、眉毛を見るなど目のあたりに視線をやることで真摯に向かい合ってもらっているような安心感を相手に与えます。
まず身近な家族など普段から目を合わせる練習をし、アイコンタクトに慣れていくことをお勧めします。アイコンタクトの練習をすればするほど、あなたも安心して人と絆を作りあなたの能力を発揮できるようになります。
3.黒を着る
最近の研究では、黒の洋服は、自信、権力、権威と関連していることがわかりました。黒の服を着るだけで、他人からの評価が変わり、力強く自信に満ちた人だと思われると言われていますが、土地柄もあると思いますので日本でもそうだとは断言できません。
あなた自身で確かめ、効果があるようでしたら、ここぞという時にブラックを活用下さいね。

達成イメージ画

自信はあなたを魅力的にする

人を惹きつけたいなら、まず自分に自信を持つことです。自信はもちろん、服装や姿勢ではなく、心の状態なのですが、服装や姿勢であなたの心も変わります。人には変な心の癖があって、自分なりの自信の付け方にこだわりを持っている方も少なくありません。姿勢や服でなく、本物の自信を持ちたい!そういう方も、本物の自信とは何かを真剣に考えたことがないかもしれません。
昨日大坂なおみ選手が試合を辞退されました。うつ状態であるとのことですが、一流の選手でもプレッシャーやメディア対応で精神的に追い詰められることも多いのではないかと察します。社会生活で私たちが自信を奪われる機会がたくさんあり、精神を鍛えているトップのアスリートも同じなんだと考えさせられる出来事でした。
私たちが自分の能力を発揮して人生をより豊かに暮らすには、方法にこだわるのではなく、私たち自身がどのような経験を増やしていきたいのか、です。
堂々と自分のままに、心優しく、そして傷つきやすい柔軟で滑らかな心を育み、あなたらしくあれば、これほど素晴らしいことはないと思います。

おススメ動画

自信を回復させるために自分癒しを!

自信喪失は幼少時代の心の痛みから起こります。
Yayoiの母は幼いころに母を亡くし、ほどなくして来た後妻と祖父との間にはたくさんの子供が出来ました。後妻は、何かあると母ではなく、自分の子供だけを叱るような子育てをしたのです。母はその経験からか、人前でYayoiを怒ることがしばしばありました。Yayoiが原因ではないこともあったように感じています。回りの人には失礼で言えないので、Yayoiを怒ることで、回りの人にこれはしないでほしいと訴えかけているように感じていました。これは、後妻が母のことで、実の子供たちにしていた行動です。母は、このような怒り方はむしろ実母の証だと学び、無意識ながらその後妻の癖を自分に取り込んだのだと今なら分かります。このような経験が度重なりYayoiの自信を奪っていきましたが、自信がないことに悩んだことはありません。これが当たり前だと思っていたのです。
しかし、きちんと自分に向き合うと、見かけだけ取り繕っていることにも気づき、多くのワークで自分を取り戻していきました。
あなたが自信喪失するときも小さいころの心の痛みがトラウマとなって、過去のとげが刺さったままになっているのです。癒しはあなたのすべてを受け入れ愛が足らないところを愛で満たしていく行為です。
人生を変える一歩を一緒に歩んでいきませんか。
ヒーリング未経験の方はバーバラブレナンヒーリングがおススメです。
全国どこでも、ご自宅で横になるだけでお受け頂けます。
人間関係やパフォーマンスの悩みはカウンセリングやコーチングがおススメです。
いざという時にできることなどもお伝えしながら自分探しをお手伝いいたします。お気軽にお問い合わせください。

自信のイメージ画

コメント